柏レイソルA.A.流山 工藤コーチブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 週末

<<   作成日時 : 2018/04/17 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日曜日U-13とU-14は成立ゼブラさんにお世話になり、TMを実施致しました。
U-13にとっては始まってから2回目のTMとなりました。


素晴らしい相手に目標から逆算し、現段階で個人とチームの現在地がどこなのか、そしてゲームや対戦する相手からも何を学ぶのか。
大切な学びの場です。


1本目・3本目のグループは高い強度のゲームの中、互いにいくつかあった決定機を物に出来ずに0vs0というゲームでした。
当然このレベルのゲームになってくると、簡単に自由にやらせてくれない、見逃してくれない、言わば攻守が一体化したタフな拮抗したゲームとなります。
攻守ともに1つのパスやフィニッシュ・サポート・奪う・判断の質でチャンスとピンチが表裏一体となります。
その1つの質で勝つのか、負けるのか、引き分けるのかの明暗が分かれる事を改めて学んだと思います。
タフによく頑張っていたと思います。収穫は大きかったです。


2本目・4本目のグループも1・3本目と同様です。
リズムが生まれている中でのアタッキングサードやフィニッシュの質で決定機を物にするか否か。
裏を返せば、リズムを生める場面が多々ある収穫。
判断の迷いで一瞬の隙を突かれたものの、その場面を含めてこのゲームからの収穫は大きかったと思います。


5本目・6本目のグループはそれぞれがより個人戦術を高める必要があります。
このレベルのゲームに対して何が必要か、どのように高めるか、地道にコツコツと上げていく事が大切です。
ゲームを通し、日頃どこまでこだわる必要があるのか、どこまでやらなきゃいけないのか、収穫は大きかったと思います。


ゲームを通し、現段階で与えている事へのこだわりが強く見えました。
様々な強度も出会った時よりも上がっていると思いましたし、得た物も大きく感じました。
だからこそ、更に「質」が重要です。
いい競争が更に、そして日に日に高まったと思います。
まだまだ行けます、頑張りましょう。


また今日からTRです。
拮抗したタフなゲームから学ぶ事は沢山あります。
学びが学びで終わるのか、学びを積み重ねていくのか、後者のマインドならばTRへのこだわりは厚みが増すでしょう。


今週末は学校行事で参加出来ない選手が沢山いますが、ゲームから学べる場があります。
TRとゲーム、また1週間学びの場を大切にしましょう。


柏レイソルアライアンスアカデミー流山
工藤 和也
☆Club Home Page: http://www.reysol-nagareyama.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

週末 柏レイソルA.A.流山 工藤コーチブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる