U-13フレッシュマンズカップ優勝

昨日は、U-13フレッシュマンズカップ決勝リーグ最終節、浦安SCとの試合がありました。


1勝1分勝ち点4同士の直接対決という、最高のシチュエーションで最終節を迎える事になりました。
ただし、得失点差で上回っている為、引き分けでも優勝というアドバンテージがこちらにある状況でした。


ある意味試合前から1vs0であるようなものなので、まずは先制点を奪いより有利な状況になろうと、決して引き分けがある事を始めから考えないようにと、そういった話を試合前にしました。
また、守備面においても確認しました。


育成年代は勝ちが全てではないですが、与えられた状況でその時々に何をすべきか、どうしたらよいか、それを判断しながらプレーをするのも大切な要素の1つです。


前半開始直後に最大のチャンスがあるも決められず、攻守が入り乱れる展開となりました。
前半は、どちらかというと守備から攻撃への切り替え時にボールを失う事や、先制点欲しさに先へ急ぎすぎる傾向があり、バタバタした展開が多くありました。


そんな中で先制点を奪えたのは、大きなアドバンテージとなりました。


ハーフタイムでは、ボールを簡単に失いすぎる事、全体のバランスが悪い事、ボールを奪う事にエネルギーが行き過ぎて奪った後の視野が狭い事を中心に修正を促しました。


また、サッカーは前半と後半があり後半終了時点でのスコアで決まるスポーツなので、後半から徐々に流れと展開が変わると思っていました。


予想通り後半はスペースが出来始め、更に追加点を奪い後半終了間際に1点奪われたものの、2vs1で勝利する事が出来ました。


6月から始まったフレッシュマンズカップは、本当に色々な事がありました。


物凄くいい内容で勝ち切る事もあれば、終盤に追いつかれ引き分けにしてしまった事、山あり谷ありの大会でもありました。
しかし、様々な状況になってもチーム一丸となり、チーム全員で1つずつ乗り越えてきました。
本当に選手達には感謝の気持ちで一杯です。


沢山のチームと試合をし、良い時はもちろん良いのですが、苦しい試合でも負け星をつけなかった点は、上手くいかない時でも自分達の最低限の基準値を保てるようになってきている事でもあります。
この大会を通じ、多くの事を経験し成長してきたと思います。


これでU-13カテゴリーは夏の波崎カップに続き、2つ目の優勝となりました。
来週にはU-13リーグ、第6節が控えています。
こちらは、引き分け以上なら最終節を待たずに優勝・昇格が決定する事になりました。
(大会規定で勝ち点が並んだ場合、直接対決の結果が優先される為)


気持ちを切り替え、また新しい1週間トレーニングしていきましょう。
画像

画像

画像

山岸君はテスト勉強の為、写真撮影の前に帰りました(笑)



柏レイソルアライアンスアカデミー流山
工藤 和也
★Club Home Page: http://www.reysol-nagareyama.jp