U-13リーグ FC.MAKUHARI戦

日曜日はU-13リーグ、FC.MAKUHARIとの試合が行われました。


U-13の担当に変わりちょうど2週間が経ちましたが、時間を重ねる中で2週間の間に全体に少しずついい変化を感じていました。


試合は、トレーニングしてきた部分が試合の中で現象として現れていたので、意識的によくチャレンジしてくれたと思います。
立ち上がりは落ち着き切れていませんでしたが、先制点を奪ってからはより意図的に試合運びをし、より連動的にやれていたと思います。


2点リードで前半を終え、ハーフタイムでは、前半の良い部分を継続しつつも最後の場面でゴールへの意識をより強く持つ事、崩す際の関わり方、守備では攻守の切り替えの際にケアするポジショニングの指示を与えました。


後半は立ち上がりからゴールへの意識がより強まり、4点を追加し6vs0で勝つ事が出来ました。
途中出場した選手も積極的にチャレンジし、存在感を出した試合でした。


スタートから出る選手、途中出場する選手、リーグには出場出来なかった選手、全員に良い競争が生まれています。
出場に対して固定的な考えではなく、トレーニングや試合で良ければ抜擢されるという部分が芽生え始め、この2週間の間にメンバーも都度変わっています。


リーグ後にトレーニングマッチを行いましたが、ここでもトレーニングしてきた事を全体が積極的にチャレンジする姿が見えました。
もちろん、やっている事も少しずついい方向に向かっているので、全体が良くなってきています。


ただし、1つ1つのプレーの質と考え方の質を上げ、より高めていかなければなりません。
新体制も始まったばかりです。より激しい競争をして、より質を上げつつ成長していって貰いたいと思います。



柏レイソルアライアンスアカデミー流山
工藤 和也
★Club Home Page: http://www.reysol-nagareyama.jp