ナショナルトレセン

23日(祝・木)~26日(日)まで、時之栖にて行われたU-14ナショナルトレセン後期・地域対抗戦に帯同してきました。


まず始めに、関係者様ならびにこのような機会を下さった方々に感謝致します。


現地ではU-15日本代表監督有馬氏とU-14関東チームを担当させて頂きました。


U-14関東チーム、U-14関東と対戦頂いたチームはもちろん、他のゲームやU-13チームのゲームを観戦した中でも激しいプレッシャーを受ける事や拮抗した中での1つ1つのプレーの質へのこだわり、その質で結果が左右される事や選手自身の世界が変わると、改めて質へのこだわりの大切さを感じました。


初日に比べ、日を追うごとにパフォーマンスが変化し、自信を更につけていった選手の姿も見受けられました。


また、オンザピッチ・オフザピッチともに自発的行動を各自求められる中で、将来の夢を本気で実現する為に何が必要か、どのように実現するか、では何をすべきか、明確なプロセスを日々求められる中で栄養を考えた食事の選択、食事量、当然この面も各選手自ら自己管理が出来ていました。


全スタッフ・選手が集まる全体レクチャーでは自主トレの質にも言及がありました。
ただ自主トレをやるのか、明確にイメージを持ち自主トレをやるのか、そしてそれを継続してやり続ける事、その質の重要性の落とし込みもありました。


4日間非常に刺激的な環境と時間を過ごさせて頂きました。
今後に繋げていきたいと思います。
画像

画像



柏レイソルアライアンスアカデミー流山
工藤 和也
☆Club Home Page: http://www.reysol-nagareyama.jp