フレッシュマンズカップ&TM

本日U-13はエクサス松戸さんとフレッシュマンズカップならびにTMを実施しました。
関係者様、ありがとうございました。


来週末は体育祭やトレセンデーの為、5月最後の実戦形式となりました。


☆フレッシュマンズカップ
10-0 (5-0,5-0)
☆TM 1試合目
3-1 (3-0,0-1)
☆TM 2試合目
4-8 (1-2,3-6)


☆フレッシュマンズカップ
これまでウォーミングアップ後に1クッション空いてしまう機会があった選手を中心に、フレッシュマンズカップに臨んで貰いました。

勘違いして欲しくないのが、俗に言うスタメンとかBとかでは無く、あくまでもこれまでのTMのローテーションに限っての話です。
アップ後にスタートからピッチに立って戦う順番と舞台を、TMではなくフレッシュマンズカップの初戦に持ってこようと決めていました。
特に迷いも不安も躊躇もなく、自信を持ってピッチに送り出しました。

全体のポジションバランスや関わり、フリーランも良く、立ち上がりから得点を重ねていきました。
初めて前後半継続してゲームをやる形にしたので、ハーフタイムに後半の入り方を確認しましたが、序盤はあまり流れを掴めませんでした。
途中から入った選手の得点もあり、後半も着実に得点を重ねていく事が出来ましたが、前後半のゲームコントロールも少しずつ覚えていって欲しいと思います。

1試合を通し、期待通りの活躍をしてくれました。


☆TM 1試合目
初めて前後半通しでのゲームを経験しました。
今季1部リーグを戦うチームさんですから、ゲーム前に話していた通りタフなゲームとなりました。

確認していたパスの長短と関わり方、プレー強度、そしてセットプレーや先週のTMの課題を意識しながらプレーしてくれ、3点リードで前半を折り返した点は良かったかと思います。

後半は体力的にも未知なる経験なので、私としてはフレッシュマンズ同様に楽しみにしていました。
流れが傾きかけた時、疲労が溜まってきた時など、どうゲームを運ぶのか、耐えるのか、引き戻すのか、そして誰がリーダーシップをとるのか。

まだ全く教えてないゲームコントロールを、自発的にどうやるのか興味深かったですが、ちょっとまだ自発的には難しかったかも知れません。
まだまだこれから何試合も重ねていってですね。
無失点で終えたかったですが、全員よくファイトし頑張ってくれました。


☆TM 2試合目
前日にACミラン佐倉さんとのTMに出場した選手が多めでしたが、4月上旬と比較し明らかに今までと違う姿が目につきました。

守備での粘り強さや強度を意識した中で成功した、やられてしまった、という背景が見えました。いわゆるあっさりではないという事です。
そしてスコア上は失点が多いですが、得点もとっているという裏付けも見えます。

この点では先週のトラウムSVさんとのTMでも同様でした。
ですので悲観する必要もないですし、成長している部分に手ごたえを感じ、より伸ばして欲しいと思います。
全員よく頑張ってくれました。



本日は応援ありがとうございました。



柏レイソルアライアンスアカデミー流山
工藤 和也
☆Club Home Page:http://www.reysol-nagareyama.jp